スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱岳 点の記

明日から立山のほうへ旅行に行ってきます。

予習も兼ねて、映画館で「剱岳 点の記」を観たかったけど、
時間がなかったので小説版を読んだ。


そこには昔の測量の過酷さが描かれていた。
今流行の登山なんてものは娯楽なんだと。
また剱岳があの時代どんな山として扱われていたのかを知った。

小説だと画がないので、風景が見ることができないのが残念。
その分、現地でしっかり観てこよう!


昔の人は地図のない、だれも行ったことのない場所へ
勇気を出して、ワクワクしながら、冒険してたはず。
いまはどんな場所もだれかが既に到達していて、
GoogleEarthで瞬時に空からの写真を見ることができる。
それが便利と言えばもちろんそうだけど、
逆に何の情報もない時代の人たちもまた羨ましい。




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://neziname.blog7.fc2.com/tb.php/669-6bfb6b5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。